口臭改善

口臭の原因

 

口のニオイが気になりませんか?
彼女や彼氏、夫の息のニオイが臭かったら減滅です。
口臭の原因は胃や腸など内臓からくるものと口内が原因で口臭を発生する場合があります。
口臭を消して爽やかな息になるためには、根本的な原因を改善する必要があります。
当サイトでは、口臭の原因、口臭予防に必要な口臭ケアについてもご紹介します。

 

口臭の原因

口臭の原因は多くの要因が考えられますが、口臭の80%以上は唾液の分泌量不足だと言われています。

 

唾液は口臭の原因である口の中の細菌を洗い流してくれる働きをしており唾液の分泌量が減少してしまうと口の中の細菌が洗い流されず細菌が増殖・繁殖し口臭がきつくなります。

 

一番分かり易いのが朝起きたばかりの時の口臭です。特に口呼吸の人は口を開けて寝ているので口の中が乾燥し雑菌が繁殖しやすくなりますこれが臭いの原因です。

 

また、緊張した時も口の中が乾きますよね?
これは緊張している事によって自律神経がうまく働かなくなり唾液の分泌量が激減してしまっていますので口臭が気になります。

 

そして、避ける事ができない加齢による口臭です。年齢を重ねることで新陳代謝が衰え唾液の分泌量が減少し、それによって口臭の原因である歯周病(ししゅうびょう)にもなりやすくなってしまいます。

 

以上のように唾液の分泌量が何かの原因で減り不足すると、口の中の細菌が洗い流されず、細菌が増殖・繁殖し口臭がきつくなったり虫歯、歯周病(歯槽膿漏)になりやすくなります。

 

そして残りの20%は、副鼻腔炎(蓄膿症)、慢性鼻炎、慢性扁桃炎症、咽喉頭癌などの鼻やのどなどストレスや身体の病気からくると言われています。

 

口臭予防は心身の自己管理が大切になります。

 

  チェック!

 

口臭を防ぐために一生懸命に一日に何回も歯磨きをしてしまう人がいますが、歯磨きをしすぎることによって知覚過敏になったり、歯に傷が入ったり歯自体が弱くなってしまって虫歯になりやすくなる事もあります。

 

朝歯を磨くのは口の中で増殖した細菌を洗い流すために夜は寝ている間に細菌を増殖させないために磨くと考えて、あまり一生懸命にゴシゴシ磨かないように気をつけましょう。

お気に入り美容サイト